世の中はなかなか面白い人が多く、自分で作ったものを無料で配布している人がいるのです。

それがコンピュータソフトであり、フリーソフトと呼ばれている物です。



これによって、無料でソフトを使えるようになります。

会計ソフトでもそうしたタイプがあります。
当然、企業の会計処理に使えます。

大企業はさすがにそうした物を使わず、シェアソフトにしているのが当たり前です。

要するに製品化されている物であり、サポートもあります。


しかし、フリーソフトは基本的にはサポートなしです。

会計ソフトについて学ぶならこのサイトは外せないでしょう。

そうした意味ではデメリットがないわけではないです。

会計ソフトは、使い易いことが何より重要です。


大抵の人は会計の知識がそんなにあるわけではないからです。それでも使えるソフトであるのが、大事になります。

会計ソフトにお金をかけるのは悪いわけではないです。


それでもフリーソフトで済ませることができるならば、それがベストであるといえます。
そうすれば、経費を抑えられるからです。

それなりの企業では難しいですが、個人事業者であればそんなに問題が起きることもないです。

会計ソフトは本当に沢山あります。

何しろ、そこまで処理内容自体は難しいわけではないからです。

知識がある人が作れば、複雑なプログラムとは言い難いレベルです。

Weblio辞書に関するお役立ち情報サイトです。

ビッグデータにでもならない限りは、簡単に処理できます。


その為。

沢山のフリーソフトが存在しているわけです。

儲けるためにではなく、自分のスキルの為に作っているわけです。